スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| HOME |

 バルキータイツのようにあたたかい心を

今日、少年院を出たことがある元レディースの中村さんという方の
特集がニュースでやっていたので、なんとなく見てました。

仙台の少年院の「青葉女子学園」で講演してました。

元暴走族とかの人たちが、非行に走ってしまっている少年少女を
自分の体験を生かして支援するというのはよくある話ですが、
見ていてなんか涙でちゃいました。

誰一人信用できずに強がってた人が、
他人のために一生懸命がんばれるって、
人は弱いけど自分次第ですごく強くなれるんですね。

誰だって自分が一番大切で、
自分のことでいっぱいになってしまうのに、
人を思って本気で笑ったり泣いたりできるの、
すばらしいなと思いました。

でも、中村さんも決して自分だけの力で立ち直ったわけじゃなくて
自分とちゃんと向き合ってくれる人が支えてくれたから立ち直れたわけです。

優しい言葉をかけてくれたりはげましてくれる人はいても、
自分と本気で向き合ってくれて理解してくれる人はなかなかいない。

こんなこと言っちゃいけないかもしれないけど、
私にとって友達っていう存在は、あくまでも友達というか。
自分の家庭のこととか話しにくいこととか話すようなかんじじゃなくて。

ただみんなで楽しく過ごせたらいいやって思ってて、
逆にそんなこと話したら迷惑だって思ってしまうわけで。

だからけっこう色々モヤモヤがたまってたんです。

母親は私が支えなきゃいけないんだし、甘えてられない。
私がしっかりしなきゃってがむしゃらになってて。


だから、彼氏さんが、

「甘えていいんだよ」

って言ってくれたとき、今まで背負ってきた重い何かが消えたように
心が軽くなって、涙が止まりませんでした。


甘えていいんだぁって。


それからは彼氏さんに甘えまくりですが。。笑

でもちゃんと私を見てくれる。
だから、私もちゃんと彼氏さんと向き合いたい。


中村さんも今は結婚して4人の子供さんと暮らしてるんですが、
自分の気持ちを強く持つことも大切だけど、
自分を必要としてくれて理解してくれる家族がいるからこそ
今、他人のために頑張ることができるんだと思う。


自分の力で踏ん張れる限界は必ずあって、
一生一人でも生きていける、なんて絶対ないと思うんです。

中村さん、これからも少年少女を支えていってあげてほしいです。
きっと彼らは自分と向き合ってくれる人が必要なだけなのかもしれません。


ところで今日、お休みの日の朝だっていうのに
上の部屋からのものすごい騒音で目が覚めました。

ありえないくらいの騒音で、我慢できずに管理室に電話。
どうやら工事していたみたいです。そして工事場所は床。

今すぐやめさせますんでって言ったのに、一日中騒音がひどかった。


こんなことでイライラしちゃだめだ!
女性ホルモンが減ってしまうじゃないか!!
と、なんとか平常心を保とうとしましたが、
テレビを見ていても読書をしていても、とんでもない騒音が
頭の中をかきむしるというか、もうつらい。

もう寒いし雪ふってるけど外出するしかない!

ちょうどタイツが欲しかったので、大内屋へ。
そこで発見!200デニール!!!

「バルキータイツ」

バルキータイツ???ってなんぞや?
調べてみると、ウールなどで編まれたいわゆる「厚手タイツ」のことらしいです。

し、知らなかった!!!
東北っこには必須アイテムじゃないですか!!
ってことで買ってきましたよ。

普通のタイツが80デニールなので、200デニールはかなり厚い!
寒くてもスカートがはきたい女子にはもってこい!

いや~、いい買い物したなぁ。うふふ。
スポンサーサイト

THEME:日記 - GENRE:日記

| HOME |
| HOME | NEXT

 人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

 最新記事

 月別アーカイブ

 カテゴリ

未分類 (4)
日記 (42)
健康ネタ (0)

 リンク

このブログをリンクに追加する

 RSSリンクの表示

 ワンコウォッチ

 Youtube音楽PV集Ⅳ



presented by Youtube音楽PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。